basicmathは36 Chambersとの共同プロジェクト 「Expand Macedonia / Expand launchpad」を2021年6月よりスタートいたします。

Expand Macedoniaとは

Startups Macedoniaが主宰する、マケドニアに拠点を持つスタートアップ企業の海外展開支援を目的とするプログラムです。

Startups Macedoniaは以下の活動を実施しています。

– スタートアップ&イノベーションのエコシステムを強化する。

– 意識改革と機会の創出によるマインドセットの変化への影響

– エコシステム要素間のコラボレーションと相乗効果を促進する。

– 国内および海外からの投資を促進する。

– スタートアップコミュニティと政策立案者の間のギャップを埋める。

– 成長のためにデータ駆動型のエコシステムを構築する。

– スタートアップ企業のグローバルな事業展開を支援する。

– サクセスストーリーのプロモーションやメディアへの掲載を行う。

– イベント、ハッカソン、デモデイ、カンファレンス、ブートキャンプのサポート

– 海外のファウンダーやアントレプレナー・イン・レジデンスを温かく迎える。

– 新ヨーロッパのスタートアップ・ハブとしての位置づけを目指します。

今回のプログラムでは、basicmathと36chamberが、選定されたスタートアップ企業に対して日本とドイツへの市場参入をサポートします。

募集対象はすでに自国でプロダクトと顧客を持つ企業が中心で、選定した10社程度の企業に対して、メンタリング等のセッションを通じてサポートを実施します。

提供するプログラムの内容について

プログラムは3つのステージが想定されています。

各ステージでは主に下記のゴールを目指しておりますが、参加企業の状態によってプログラム内容などはチューニングされる予定です。

ステージ1 – Education

– オンラインでの講義形式のトレーニング。

– 日本とドイツの企業体系やビジネスカルチャー等を紹介。

 

ステージ2 –  Refining and Producing

– オンラインでの講義形式のトレーニングを基本として、1on1セッションも予定。

– 日本のマーケット理解に基づいて、販売戦略等を紹介。

– 実際の顧客開拓やプロダクトのローカライズについて相談。

 

ステージ3 –  Connection

– 商談を希望する企業を日本、ドイツで見つける。

– セールスを実行に移していく。

basicmathの役割

それぞれが特徴的なバックグラウンドを持つbasicmathのメンターが、経験を活かして各参加企業をサポートします。

特に、同じくマケドニアで生まれ、日本で現在300社以上の導入までグロースさせることが出来ているEmbedsocialの事例を通じたリアルで即戦力となるナレッジを共有することで、より実践的なサポートを実行します。

本プロジェクトが持つ意義

世界には、魅力的ではあるが知られていないプロダクトやサービスが無数にあります。

一方で、ユニークな最先端の海外発ソリューションを導入検討する機会は、多くの日本企業にとってはまだ一般的ではありません。本プロジェクトを通じ、私達は世界のスタートアップとの連携を一層強化して、革新的なサービスを日本企業の皆様にご紹介して参りたいと考えています。

(Visited 148 times, 1 visits today)
タグ: Last modified: 2021年8月7日
Close