弊社が参加しているExpand MacedoniaのスポンサーであるSWISS EPは、「アントレプレナー・イン・レジデンス(EIR)」という、国際的な起業家と、課題を抱える地元のコミュニティやスタートアップを結びつける活動を実施しています。

今回、SWISS EPの広報でEIRでの36ChambersのJane氏の活動が紹介されており、世界中の起業家とリレーションを形成する方法や、弊社との連携による日本市場開拓について話しておりますので、下記にご紹介いたします。

~~~以下、記事の内容抜粋~~~

スイスEPの「アントレプレナー・イン・レジデンス(EIR)」は、国際的に成功している起業家と、地元のコミュニティや組織、スタートアップを結びつける活動です。EIRは、”Giving Back and giving First “の原則を念頭に、特定の専門知識を持つ起業家がSWISS EPのいずれかの国に数週間(場合によっては数カ月)滞在し、その知識を共有し、地元の創業者やチーム、組織を支援するというものです。

マケドニア・ディアスポラの専門家であるJane Uzunovski氏は、地域全体に対する洞察力を持っています。さらに、アメリカ、ヨーロッパ各地、日本で生活し、働いた経験もあります。

ドイツ、アメリカ、日本の市場へのマーケティングや輸出に関する専門知識を持つJane Uzunovski氏は、非常に有力なメンターでした。

Jane Uzunovski氏;

「世界を見て、さまざまな経験から学ぶことで、目的を持って行動できるようになります。起業家は、世界中を旅しなければなりません。自分がビジネスをしたいと思う場所や市場をすべて訪れるべきです。現地の人々に会って、彼らがどのように考えているかを直接見なければなりません。オンラインではなく、直接会って。オンラインでは人々は、自分の言いたいことをすべて言うわけではありません。起業家は、自分の視野を広げ、自分の耳でその話を聞く必要があります。また、周囲の人間が課題を解決するために何をしているのかを見なければなりません。そのような解決策が成功するためには、明確な目的を設定して、二次効果まで含めたすべての利害関係者について考えることが非常に重要です。そうすれば、自分が正しい判断をしているという安心感が得られます。」

Jane Uzunovski氏は、7つの異なる企業と会い、彼らのビジネスを他の市場に拡大するための適切な方法を見つける手助けをしました。

そのうちの1社については、36Chambersの株主であり、欧州START UP企業の日本進出を支援する日本の企業「Basicmath」と提携することで、日本市場の開拓に成功しました。

※記事全文はこちら(URL)よりご確認下さい。

https://swissep.org/our-impact/success-stories/quantifying-the-influence-of-entrepreneurs-in-residence-on-the-local-ecosystem

今回ご紹介したJane氏の他にも、Mario氏、Mike氏など36Chambersの他メンバーもヨーロッパを中心に優れた企業やプロダクトの支援や発見のために日々活動しています。また、弊社では日本から欧米に進出したいという企業様の積極的な支援も行っております。

ITビジネスでの欧米への進出にご興味がある企業様は、Contactよりお気軽にご連絡下さいませ。

(Visited 35 times, 1 visits today)
Last modified: 2021年9月9日
Close